パスタ×健康・ダイエット

全粒粉パスタのGI値はどれくらい?健康に良いの?

みなさん、ごきげんよう!
以前通常パスタのGI値についてお話しさせて頂きました。
今回は全粒粉パスタのGI値が低いと言っていいのか?
健康に良くて食べ続けても良いのかお話していきます。


この記事を見るメリット


  1. 全粒粉パスタのGI値がわかる。


  2. 全粒粉パスタを食べたくなる。


  3. 全粒粉パスタがなぜ健康に良いのかわかる。





全粒粉パスタのGI値は低いのか?

まず全粒粉パスタのGI値は、50とか55とか言われています。
生成された普通のパスタの場合は、GI値が65です。


GI値50が低GI値かというとそうではありません。
中間くらいですが、血糖値の急激な上昇もなく、
正常範囲をオーバーするということもないので安心してお召し上がりください。


なので、パスタを食べるなら絶対全粒粉パスタを選ぶべきです。


全粒粉パスタが健康に良いと言われる理由

血糖値が急激に上がってしまうと、糖尿病になるリスクが高まるだけではなく、
その他にもさまざまなリスクがあります。
例えば、


  1. 眠くなりやすい。


  2. 集中力、記憶力に欠ける。


などがあります。僕も以前は糖尿病ポイ症状が出ていました。


全粒粉パスタにすることで徐々にそういった症状を解消されたような感じがします。
GI値が低いだけでも健康に良い理由になりますよね!


その他にも健康に良い理由があります。
まず市販のパスタと全粒粉パスタの違いですが、
これは、生成された白米と玄米の違いと同じです。


生成されたものは、栄養が全くないわけではないですが、とてもバランスが悪く
栄養が偏っています。


全粒粉パスタは、食物繊維はもちろんビタミンやミネラルも一緒に摂れます。
特にマグネシウムを豊富に含んでいるので、疲れやすい人やストレスがある人、
不眠の方にお勧めです。


また食物繊維も多く腸内環境を改善したい方にもお勧めです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は以前通常のパスタのGI値の記事を書きましたので、
控えめに失礼します。


復習として、


    全粒粉パスタのGI値➡➡➡50




健康に良いと言われる理由


  1. 食物繊維


  2. ミネラル


  3. ビタミン


などいろいろな栄養が含まれている。


特にマグネシウム、食物繊維が豊富に含まれている。
疲れている人、ストレスがある人にお勧めです。


こんなところでしょうか。
全粒粉パスタをみなさんにも食べてもらいたいのですが、
食べるなら美味しく食べてほしいので、下に関連記事を張っておきますので
是非チェックしてみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


関連記事