パスタ×健康・ダイエット

パスタを食べていても太らない理由!パスタが好きでもダイエットに効果的な理由!!

みなさん、ごきげんよう!
今日は、題を見てわかる通り、パスタとダイエットについて話させていただきます。

というのは、僕は普段からパスタが好きでパスタを作って
皆さんにご紹介していますが、作ったものはもちろん全部食べています。
SNSなどにupしなくても普段から作って食べてもいます。

それなのにどうして太らないの?すごいガリガリだよね!?ちゃんと食べてる?
とかいろいろ言われます。

もちろん何も気にせず痩せていられるなら問題ないのですが、
そんな都合の良い話はありません。
僕は過去、大学時代簡単に作れるパスタやコンビニのパスタを食べる生活で、
激太りしてしまい80kgオーバーでした。
今は60kgと普通の体重です。

ここでは、僕がいつもパスタを食べていても太らず、
ダイエットもできる話をしていきます。
みなさんのパスタライフの参考にしていただけたら幸いです。

激太りしたときのパスタの食べ方と痩せている今のパスタの食べ方の違い

激太り時代の食べ方

パスタは、基本的に糖質が多い食品です。
その他の栄養も少ないです。

大きな問題点として3つ挙げてみます。
1つ目は、激太り時代は、お金がないこともあり、
食前に野菜を食べることができなかった。
2つ目は、地中海料理は体に良い痩せやすいという話もあり、
オリーブオイルはパスタには、
必須だと今では思いますが、当時は健康に興味がなく、スーパーなどで売っている
安い油を使っていました。
最後3つ目は、パスタの麺自体も当時から全粒粉パスタが良い
と言われていたが値が張るので安いパスタを使っていました。

その他細かな問題点を挙げると、
運動もしないのにだらけ切った生活。
高校までスポーツをしていたこともあり、早食いで大食い。
そしてあまり噛まずに食べていたことです。

大きな問題点としては、パスタ生活をする上での問題で分かりずらいかも
しれませんが、細かな問題点はみなさんも当てはまる方もいるのではないでしょうか。

上記の問題点をわかりやすくまとめてみます。

1・食前に野菜を食べない。
2・安い油を使っていた。
3・安いパスタを使っていた。
4・運動をしない。
5・早食い&大食い。
6・噛まずに食べる。

痩せている今、パスタを食べるときに気を付けていること。

パスタで太ってしまった大学時代ですが、やはりパスタは簡単に作れて美味しくて
本当に大好きです。

レシピを発信するにあたり、過去を振り返っていろいろ食生活を改善しました。
まず大きな問題点の3つをどう改善したかお伝えします。

1つ目、食前に野菜を食べること。少量でも食べるようにしています。
そしてそれにオリーブオイルを掛けて食べるようにしています。
そうすることで血糖値が急上昇したりスパイクしないで済むそうなので!

パスタ自体にもできるだけ野菜やきのこを使うようにして、糖質の低いもの
または糖質を含まないものを選び、肉は頻繁に食べないようにしています。

2つ目の油を選ぶことについては、健康に良い油を調べまくりました。
加熱もするパスタには、やはりオリーブオイルが1番相性が良く美味しく
もいただけます。

3つ目のパスタ麺につきましても調べました。
僕は5分つき~全粒粉のもので、古代小麦パスタを使うようにしています。
これにつきましてはいろいろ記事を書いているので参考に
していただけたらと思います。

その他細かな気を付けていることは、
できるだけゆっくり時間をかけてたねること!
30回以上噛むようにしていること!
パスタは、5分つき~全粒粉の古代小麦のみを食べること!
に気を付けています。

そして今では定期的にランニングをしています。
たった20分~30分ですが代謝が良くなりますので、食べ物の消化なども良くなり
良い方向に働いているのでしょう。

具材や調味料に注意しろ!糖質は避け、ミネラルも気を付けて摂取しよう!!

糖質を多く含む食材は避けよう!

パスタに混ぜるとすると、カボチャやれんこん、トウモロコシなどは控えましょう。
にんにくも糖質を含むのですが、にんにくはパスタになくてはならないので、
省くのはやめましょう。

クリームパスタがおすすめ!クリームパスタを作る際の注意点!

生クリームを使うのはやめよう!

僕は全粒粉パスタをおすすめしているのですが、
全粒粉や古代小麦は、クリームパスタで食べるのが
美味しく食べられると思っています。

そしてクリームパスタと聞くと生クリームを使いたくなりますが、
使わなくてもとろとろの美味しいパスタは作れます。
それに生クリームは体に良くなくて、それが体にストレスになって太ってしまう
原因になっているかもしれません。
ですので今すぐ生クリームを使うのを止めましょう。
美味しいクリームソースの作り方の記事もあります。
合わせてチェックしてみてください。

日本人には豆乳がおすすめ!!!

そして使うミルクも変える必要があります。
牛乳はミネラルバランスが悪く、
そもそも日本人の体に合っていないとよく言われています。
詳しくはまたお話しさせていただきますが、日本人は、昔から先祖代々
牛乳を飲むことを避けてきた民族なので、体がそのようになっていて、
牛乳を飲むと下痢になってしまったり、消化不良を起こしてしますそうです。
牛乳をよく飲んできたヨーロッパなどの地域ではそんなことはないそうです。

ですので、全く飲むな!使うな!ではありませんが、僕たち日本人がクリームパスタを
作る際は、昔から食べてきた大豆製品の豆乳を使うのがベストかと思います。
それに加え無調整の豆乳を僕はおすすめします。

お塩とお砂糖などの調味料も選びましょう!

そして味を調整するのにお砂糖を良く使いますが、
僕も抹茶のパスタを作ったときは、加えて作りましたが、
お砂糖は使わないべきです。
使うにしてもお砂糖も選ぶべきです。

味の調節には、お砂糖のほかお塩もそうです。
お塩を選ぶ際は、ミネラルが豊富なものを使うべきです。
自然塩の海塩が1番ミネラルを含むのでおすすめです。
岩塩などもミネラルを含むので、使っても大丈夫ですが、
海塩に比べミネラル量は劣るので、できるだけ海塩を使いましょう。
避けるべきは、食塩です。これはほぼしょっぱいと感じる塩化ナトリウムだけしか
含まれていないからです。

食材や具材選びの注意ポイントはこんなところでしょうか。

ありそうな質問に答えます。

低糖質のパスタを食べることは、ダイエットに良いですか?

最近は、低糖質のパスタがお店でよく見るようになり、
よく目にするようになりました。
はじめに結論から言うと、僕はおすすめしません。

おすすめしない理由
➀よく見かける麺が、生麺に近いか生麺だから!
➁添加物を含んでいる。
➂通常の小麦であったり、グルテンフリーで、グルテンや遺伝子組み換えが気になる。

➀は、血糖値が上がりやすいのでおすすめができません。
血糖値が上がるということは、体内で余分に糖質があるということなので、
肥満につながることは、間違いないと思いますし、その他
生活習慣病になる可能性もあるでしょう。
➁と➂は、僕は本当の健康、最新の健康情報を伝えていきたいので、
厳しくいきたいと思います。

痩せている現在はどのくらいの量のパスタを食べていますか?

レシピを見ていただけたらわかるかと思うのですが、
僕は基本80gでレシピを考案します。
そして30分くらい時間をかけて食べています。
パスタの命は、2,3分と言われていますが
最初の1口2口が美味しければよいでしょう。

また僕は、クリームパスタで食べることが多く、具材も加えるので、
100gも食べると結構な量になりまして、お腹いっぱいになってしまいます。
お腹いっぱいでは食べすぎなので、腹8分目に抑えておくのも
痩せることや太らずにいることのポイントであると思います。

どんなパスタを使っていますか?

僕が使っているのは、
1・アルチェネロの古代小麦スペルトスパゲッティ
2・ジロロモーニの古代小麦スパゲッティ
3・アサクラパスタの古代小麦ファッロ
4・baby tokyo
です。

初めての方は、アサクラパスタから始めると良いと思います。
というのは、アサクラパスタは全粒粉ではなくて
5分つきなので食べやすくミネラルもしっかりとれます。

安く済ませるなら、アルチェネロの古代小麦がおすすめです。

baby tokyo の古代小麦パスタは、国産のもので良いのですが、とてもお高いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
パスタを食べていても太らずいることもできるし、
物をしっかり選ぶことで、ダイエットもできるでしょう。

この記事を書いていて思ったことなのですが、
ビタミンやミネラルをしっかり食べることが、痩せるための
もっとも重要なことなのかもしれないと思いました。
今度じっくり調べてまた記事にしてみますね!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。
またみなさまの参考になるような情報を発信していきますので
どうぞよろしくお願いします。
ごきげんよう。