パスタ×健康・ダイエット

パスタで太らないは嘘?太る理由と解決策!パスタと一緒に食べるべきもの

答えを先に言います。パスタでは、太りません。
しかし、食べ方によっては太る可能性があります。

今回は、パスタで太る原因と太らないようにするためにどのようにしたら
良いのか具体的にお伝えしていきます。

この記事を見るメリット


  1. パスタで太る理由がわかる


  2. ダイエットで、ほかの食べ物でも、何に気を付けて食べたらよいかわかる。


  3. パスタと一緒に食べるべきものがわかる。




パスタで太らないは嘘?

冒頭でも言った通り食べ方次第で太るか太らないは変わります。
ですので、パスタで太らないは嘘ではないが、真実でもない。

食べ方とは、噛む回数や食べるスピードもそうですが、今回はそれとは別に、
食材を変えることをベースにお話しします。

まず太る理由を知ろう!

基本的に太る理由には、糖質、脂質、たんぱく質の過剰な摂取が上げられます。
これらは栄養学上では、三大栄養素と言われみなさんもご存知かと思います。

この3つの栄養素は、基本的に人のエネルギー源です。
はじめは、糖質からエネルギーへ変換され、次に脂質です。
最後にタンパク質がエネルギーへ変換されますが、
好きな時に好きなものが食べられる現代ではなかなか最終段階まではいきません。

そして糖尿病が増えていることを考えると、運動不足もそうですが、
単純に米、パン、麺、ケーキなどから糖質を過剰摂取しているのでしょう。

お気づきの方も多いかと思いますが、パスタもその一部です。
100g中に糖質は、約70gも含まれています。
たんぱく質は10gほどです。
それに加えパスタを作る際は、健康に良いとはいえ、
オリーブオイルなどの油から脂質も摂取します。

パスタで太る理由は、ここにあります。
結果パスタで太らないという噂に嘘ではないかと思うのです。
しかし何回も言いますが、太るか太らないかは食べ方次第です。
次からは太らないようにする食べ方をご紹介していきます。

太らない食べ方とパスタと一緒に食べるべきもの!

パスタで太らない食べ方の答えは、クオリティーの良い食材や調味料に変えよう。
そしてパスタと一緒に摂るべきものは、ミネラル、ビタミン、食物繊維です。
これらは三大栄養素と含めて六大栄養素と言われます。

またそれにポリフェノールなどの抗酸化物質などのファイトケミカルと呼ばれる
成分は、近年七大栄養素と言われるようになってきています。
体にストレスを与えると代謝などにも影響が出て、
結果太ることにつながるかもしれないので、これもしっかり摂取しましょう。

ではさっそく具体的な理由をお伝えしていきます。

食材を変えるだけでミネラル、ビタミン、食物繊維を摂る方法。

変えるべきものを箇条書きにしてみました。


  1. 塩⇒⇒⇒自然塩に変えよう!中でもクロムを含む海塩


  2. パスタ⇒⇒⇒全粒粉のパスタを使おう。


  3. 肉⇒⇒⇒具材は野菜や魚、きのこにしよう。特に旬のもの!




塩に関しては、ミネラル。全粒粉は、食物繊維。野菜や魚、きのこは、ビタミン。
一度にすべて変えるのは、抵抗がある方も多いと思うので、
一つずつ変えていけば良いと思います。

ですが、この3つを意識することで、
太らない体を手に入れることにも期待できるでしょう。
人それぞれの環境や体質もあるので、痩せると断言できませんが、
普通に食べるより良いです。

抗酸化物質は何から取ればよい?



  1. 野菜や魚、きのこ類から


  2. 早摘みのオリーブオイルを使おう。


  3. 大豆や味噌、豆乳から




野菜、魚、きのこ類を食べる理由としては、ビタミンを取るだけではありません。
特に旬のものを選ぶようにしましょう。

オリーブオイルは、元からポリフェノールを多く含んでいますが、
実を早く摘んだものは、さらにポリフェノールが豊富なのです。
これについては、商品につける名前が決まっていないのか、
早摘みとか緑化と呼ばれています。

また、クリームパスタにして食べることで、
様々な栄養を一緒に摂ることができるのでオススメです。
そのときに、大豆や味噌、豆乳を使うとより良いでしょう。
これには良く聞く、イソフラボンやサポニンなどのポリフェノールが含まれています。

摂るべき成分とおすすめの具材


炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質の代謝に関与する成分をまとめてみました。
ビタミンB1炭水化物(糖質)の代謝に関与ごま、あおのり、まいたけなど
ビタミンB2糖質・脂質・たんぱく質しいたけ、まいたけ、あまのりなど
ビタミンB6たんぱく質・脂質とうがらし、にんにく、バジルなど
ビタミンB12たんぱく質・脂質鮭、しじみ、あまのりなど
ナイアシン糖質・脂質・たんぱく質まいたけ、かつお類、米など
ビオチン糖質・脂質・たんぱく質あさり、かつお節、えごまなど
パントテン酸糖質・脂質・たんぱく質マッシュルーム、さつまいも、ぶなしめじなど
クロム糖質・脂質・たんぱく質ぬちまーす、バジル、パセり、胡椒など
塩素たんぱく質の消化促進
亜鉛たんぱく質の代謝に関与かつお類、パプリカ、カボチャなど
コバルトビタミンB12の構成成分しじみ、あおのり、かつおぶしなど

まとめ!パスタで太らないは嘘ではありません。

いかがでしたか。
パスタでは太りません。
ポイントは、七大栄養素をしっかり摂るということ。

またこのことからパスタは太るとよく言われますが、
それは食べ方次第ということをわかって頂けましたでしょうか。

では、最後に今回お話しました内容を復習していきましょう。
パスタが太る理由は、三大栄養素を多く摂取するから。特に糖質の量は前代未聞。

そして太らないようにするには、ミネラルにビタミン、食物繊維、ファイトケミカル
をたくさん摂取できるものを食べよう。
具体的に変えるべきものは以下のとおり。


  1. 塩⇒⇒⇒自然塩でさらに言えば、ミネラル豊富な海塩


  2. パスタ⇒⇒⇒全粒粉パスタ


  3. 肉⇒⇒⇒野菜や魚、きのこ類


  4. オリーブオイル⇒⇒⇒早摘みのオリーブオイル




そしてパスタを食べる際は、
たくさんの栄養が摂れるクリームパスタで食べることがおすすめです。
クリームソースを作る際は、
豆乳や味噌を使いましょう。
そうすることで、さらにポリフェノールを摂ることができます。

それでは、以上で終わりにしたいと思います。
何かご質問等がございましたら、お問い合わせいただけたら幸いです。
ごきげんよう。